東灘区の不動産|和光地所株式会社 > 和光地所 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で火災保険に加入する目的は?補償範囲と補償外になるケース

賃貸物件で火災保険に加入する目的は?補償範囲と補償外になるケース

≪ 前へ|賃貸物件の最上階に住む実際とは?気になる家賃・騒音・日当たりも確認   記事一覧   芦屋市の住みやすさをご紹介|次へ ≫

賃貸物件で火災保険に加入する目的は?補償範囲と補償外になるケース

賃貸物件で火災保険に加入する目的は?補償範囲と補償外になるケース

アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる場合、火災保険に加入することが求められます。
火事だけでなく風水害などの自然災害が多い日本ですので、もしものときの備えは重要ですよね。
今回は賃貸物件をお考えの方に向けて、賃貸を借りる際の火災保険の補償範囲についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の火災保険に入る目的は?火災保険の種類と補償範囲

賃貸物件を借りる際に火災保険に入る目的は、火災が発生したときの原状回復と、隣の家への被害をカバーするためです。
また近隣からもらい火で火災が発生することもありますので、もしものときの備えは重要です。
賃貸向けの火災保険は3セットになっており、家財道具に対する補償と貸主に対する補償、日常生活のトラブルの補償があります。
家財道具に対する補償は火災保険または家財保険で、火災や落雷、風水害などで損害を受けた家具や家電が対象です。
次に貸主に対する補償は借家人賠償責任保険で、部屋に与えた損害に対する補償です。
日常生活のトラブルへの補償は個人賠償責任保険で、他人のものを壊してしまったり他人に怪我をさせてしまった場合に適用されます。
個人賠償責任保険は自動車保険の特約などですでに加入していることもあるので、重複しないようにチェックしておきましょう。

賃貸物件で加入した火災保険で補償外となるケースとは

ご紹介したように広い補償範囲である火災保険ですが、補償外となるケースもあります。
まず当然ですが故意による破損や重大な過失がある場合は保険金は支払われません。
また火災保険は火事以外の自然災害も対象になっていますが、災害の種類によっては火災保険では補償外であることもあります。
たとえば地震や火山の噴火などによる火災は補償外となっていることも多いです。
日本は地震大国ですので地震保険への加入も考える必要がありますが、賃貸の場合の補償範囲は家財道具になります。

賃貸物件を借りる際に個人で火災保険に加入するメリットデメリット

火災保険は不動産会社に紹介されることが多いですが、特に指定がなければ個人で選んで加入することもできます。
個人で加入すると不要な補償を外すこともできるので、費用が抑えられるのがメリットです。
一方で自分で補償範囲を精査する必要があるので、安さを理由に選んでしまうと補償内容が不十分なこともあります。
個人で加入したいと考えている保険があれば、補償内容が十分かどうかを不動産会社に相談してみるのもおすすめです。

まとめ

賃貸物件を借りるときは、ご自身の家財道具を守るため、そして近隣の方に迷惑をかけないためにも火災保険に加入することが大切です。
保険料や補償範囲は会社によってさまざまですので、プランを比較検討してご自身にあった保険を選びましょう。
私たち和光地所 株式会社 本店は、東灘区の物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに沿った「最適・最善」なご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の最上階に住む実際とは?気になる家賃・騒音・日当たりも確認   記事一覧   芦屋市の住みやすさをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    和光地所 株式会社 本店
    • 〒658-0072
    • 兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目3-31
      サン岡本ビル1階
    • TEL/078-803-8787
    • FAX/078-803-8788
    • 兵庫県知事 (1) 第012045号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る