東灘区の不動産|和光地所株式会社 > 和光地所 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸契約はキャンセルできる?手続きの段階での違いと違約金を解説

賃貸契約はキャンセルできる?手続きの段階での違いと違約金を解説

≪ 前へ|賃貸のフローリングにカビ!お掃除方法は?退去費用に影響する?   記事一覧   賃貸の「中部屋」を選ぶポイントとは?家賃の安さや暖かさなど魅力も多数|次へ ≫

賃貸契約はキャンセルできる?手続きの段階での違いと違約金を解説

賃貸契約はキャンセルできる?手続きの段階での違いと違約金を解説

気に入った賃貸物件が見つかったら、早く新生活をはじめたいと希望される方がほとんどです。
しかし、なかにはやむを得ない事情が発生し、キャンセルをしなければならないケースもあります。
今回は、手続きの段階ごとにみるキャンセルの基礎知識と、違約金について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

入金前の賃貸契約キャンセルは可能?お金を支払う義務はある?

たとえば、賃貸で希望する物件がみつかり、仮契約をしたものの、キャンセルに至るやむを得ない事情が発生したとします。
この場合、敷金や礼金などの費用も「入金前」であったとして、何かしらのお金を払う義務はあるのでしょうか。
これについて、入金前であれば事情の説明をして、特別なキャンセル料などを支払うという可能性は低いでしょう。
ポイントとして、契約が完全に終わっていない段階か、申込みの段階かということがあります。
賃貸物件を借りるおおまかな流れは、まず「申込書」を記入して提出し、入居審査を受け、無事に審査を通過すると、「重要事項説明」のあと、正式に「賃貸契約」を結ぶのが一般的です。
この流れのなかで審査の結果がでるまで、敷金や礼金の一部を「預かり金」とする場合もあります。
このケースも、申込み段階であれば支払うお金はなく、通常はキャンセルが可能と考えられます。
ただし、当事者同士の合意がとれた時点で、書面の署名や捺印がなくても成立とする「諾成契約」もあります。
トラブルを避けるにはどの段階で成立となるかの確認や、預かり証の保管が大切です。

契約後の賃貸契約キャンセルは「解約」の扱い!?

次に、賃貸契約後のキャンセルはどのような扱いになるのでしょうか。
契約書を交わしたあとのキャンセルは基本的にはできず、「解約」として扱われます。
そのため、退去日の1か月前に解約の申出も必要です。
もし入居前であったとしても、賃貸の契約後であれば、礼金や1カ月分の家賃、仲介手数料などの返還は難しいでしょう。
ただし、敷金と火災保険料については、まだ住んでいなければ返還されるケースもあります。

賃貸契約のキャンセルで「違約金」が生じるケースとは?

賃貸のキャンセルが認められるのは基本的に契約前で、締結後は違約金が発生します。
重要事項説明書に署名、捺印していても同様で、入居前であっても違約金が発生すると考えられます。
契約書の違約金や解約手数料などの項目を確認しましょう。

まとめ

賃貸物件を借りるとき保証会社を利用した場合には、保証会社の規約に従って、キャンセル料が発生するケースもあります。
大家さんもスムーズな入居にむけ対応していますので、どうしてもキャンセルが必要なときは、早く連絡するようにしましょう。
私たち和光地所 株式会社 本店は、東灘区の物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに沿った「最適・最善」なご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸のフローリングにカビ!お掃除方法は?退去費用に影響する?   記事一覧   賃貸の「中部屋」を選ぶポイントとは?家賃の安さや暖かさなど魅力も多数|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    和光地所 株式会社 本店
    • 〒658-0072
    • 兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目3-31
      サン岡本ビル1階
    • TEL/078-803-8787
    • FAX/078-803-8788
    • 兵庫県知事 (1) 第012045号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る