東灘区の不動産|和光地所株式会社 > 和光地所 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で防音対策したい!壁に有効な対策とは?

賃貸物件で防音対策したい!壁に有効な対策とは?

≪ 前へ|賃貸の「中部屋」を選ぶポイントとは?家賃の安さや暖かさなど魅力も多数   記事一覧   賃貸物件の防寒は窓がポイント!段ボールやプチプチで簡単に対策しよう|次へ ≫

賃貸物件で防音対策したい!壁に有効な対策とは?

賃貸物件で防音対策したい!壁に有効な対策とは?

賃貸物件で気になることのひとつと言えば、騒音でしょう。
「隣の部屋の音が気になる」もしくは「自分の音が迷惑になっていないか心配」と思うと、快適な生活もできなくなってしまいます。
そこで今回は賃貸物件の契約をご検討中の方に向けて、壁の防音対策についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の防音対策①壁には段ボールも有効!

賃貸物件で発生するトラブルは、騒音が原因の場合もたくさんあります。
ですから、安心して暮らせるように、できる対策はしっかりと実施しておくことがおすすめです。
気になる騒音のひとつは、隣の部屋から聞こえる音ではないでしょうか。
「できるだけ音を消したい」もしくは「自分が出す音が届かないようにしたい」と考えたときは、壁に対策をしてみましょう。
遮音シートや吸音材を使う方法もありますが、なるべくお金をかけたくなければ段ボールがおすすめ。
段ボールを隣の部屋と接する壁に貼るだけで、一定の効果が期待できます。
手軽にできる防音対策として、まず試してみてはいかがでしょうか。

賃貸物件の防音対策②壁の防音工事にかかる費用はどのくらい?

費用はかかりますが、もっとしっかり防音したいと感じたら、防音工事を検討してみましょう。
壁に対しては「吸音材と遮音シートを入れる」工事が有効で、費用は12万~30万円ほどです。
ただし賃貸物件では、自分で勝手に工事を依頼してはいけません。
必ず大家さんの許可をもらってから進めるように心がけましょう。
また、賃貸物件には退去時に「原状回復」する義務があります。
ですから、施した工事の原状回復が必要かどうかについても、事前にしっかりと確認しておきましょう。

賃貸物件の防音対策③壁の防音性には建物の構造も関係する?

防音性の高さを重視する場合は、賃貸物件を選ぶ際に、構造にも注目してみましょう。
建物の構造は、大きく分けて「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」です。
そして一般的には、「鉄筋コンクリート造>鉄骨造>木造」の順で防音性が高いと言われています。
ただし防音性は、構造だけではなく、壁の厚さや断熱材などの施工状況によっても変わります。
また、隣の部屋との間にクローゼットがあるなど、居室が隣接していない間取りを選ぶことも有効です。
ですから、防音性の高い物件を希望するのでしたら、このような点も踏まえながら探すとよいでしょう。

まとめ

賃貸物件では、防音対策をしっかり実施しておくと、安心して暮らせます。
防音工事を検討するときは、必ず大家さんから許可をもらい、退去時の原状回復の必要性についても確認しておきましょう。
また建物の構造や施工状況、間取りなども防音性に関係しますから、それらを踏まえてお部屋探しすることもおすすめです。
私たち和光地所 株式会社 本店は、東灘区の物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに沿った「最適・最善」なご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸の「中部屋」を選ぶポイントとは?家賃の安さや暖かさなど魅力も多数   記事一覧   賃貸物件の防寒は窓がポイント!段ボールやプチプチで簡単に対策しよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    和光地所 株式会社 本店
    • 〒658-0072
    • 兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目3-31
      サン岡本ビル1階
    • TEL/078-803-8787
    • FAX/078-803-8788
    • 兵庫県知事 (1) 第012045号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る