東灘区の不動産|和光地所株式会社 > 和光地所 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 床下収納がある賃貸物件ってどうなの?メリットやデメリットを解説

床下収納がある賃貸物件ってどうなの?メリットやデメリットを解説

≪ 前へ|宅配ボックス付き賃貸物件のメリットとデメリットについて   記事一覧   オール電化の賃貸物件での暮らしとは?気になるメリット・デメリット!|次へ ≫

床下収納がある賃貸物件ってどうなの?メリットやデメリットを解説

床下収納がある賃貸物件ってどうなの?メリットやデメリットを解説

賃貸物件のお部屋を探す際、皆さんはなにを重視しますか?
間取りや水回りなど、気にするポイントはいろいろあるでしょう。
中でも女性がとくに気にするポイントとして、収納スペースの広さや数などがあります。
場合によっては床下収納がほしいと思っている方もいるかもしれません。
この記事では、床下収納のある賃貸物件のメリット・デメリットを解説します。
これから賃貸物件を探す予定の方は、ぜひチェックしてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

床下収納のある賃貸物件のメリットは?

まずは、床下収納のある賃貸物件に住むメリットを解説します。
大きなメリットは2つあります。

●生活する中で収納をたくさん利用できる
●住空間の下にあるため、移動の際に邪魔にならない

床下に収納がある場合、一般的な収納に加えて床下の収納を使うことができるため、収納をたくさん利用することができます。
とくに女性にとっては、収納は多ければ多いほど嬉しいですよね。
また、ワンルームの賃貸物件など住空間が狭いお部屋に住む場合、収納を設置すると移動の邪魔になったり、部屋がごちゃごちゃとしてさらに狭く見えることもあります。
その点、床下収納であれば住空間を利用するわけではないので、すっきりとしたお部屋を保つことが可能です。

床下収納のある賃貸物件のデメリットは?

次に床下収納のある賃貸物件のデメリットについて解説します。
大きなデメリットは2つあります。

●湿気がこもりやすくカビが生えやすい
●冷気が流れるため足元が冷えやすい


床下に収納がある場合、収納内に湿気がこもりやすく、カビが生えやすいデメリットがあります。
カビが生えると、収納しているものがダメになったり、カビの独特な臭いが漂うこともあるでしょう。

カビを予防するためには頻繁に空気を入れたり、カビが生えていないかチェックしたりする必要があります。
手間が増えるため、面倒に感じる方もいるでしょう。
また、床下は冷気が入りやすいため、床下収納のある物件では足元が冷えやすい場合があります。
冷え性の女性にとっては大敵です。
さらに、床下収納は出し入れが面倒な場合もあるため、人によっては床下収納は使いにくいと感じる方もいるでしょう。

まとめ

今回は、床下収納のある賃貸物件のメリットとデメリットについて解説しました。
床下収納は便利な一面もありますが、場合によっては手間が増えることもあります。
メリットとデメリットを理解した上で、床下収納の有無を選択することが重要です。
私たち和光地所 株式会社 本店は、東灘区の物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに沿った「最適・最善」なご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|宅配ボックス付き賃貸物件のメリットとデメリットについて   記事一覧   オール電化の賃貸物件での暮らしとは?気になるメリット・デメリット!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    和光地所 株式会社 本店
    • 〒658-0072
    • 兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目3-31
      サン岡本ビル1階
    • TEL/078-803-8787
    • FAX/078-803-8788
    • 兵庫県知事 (1) 第012045号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る