東灘区の不動産|和光地所株式会社 > 和光地所 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件での一人暮らしで必要な専有面積と計算方法とは何かを解説

賃貸物件での一人暮らしで必要な専有面積と計算方法とは何かを解説

≪ 前へ|賃貸物件での生ゴミの保管方法とは?放置した際の影響や保管場所を解説!   記事一覧   ペット共生型賃貸物件とは?ペット可物件との相違点も解説!|次へ ≫

賃貸物件での一人暮らしで必要な専有面積と計算方法とは何かを解説

賃貸物件での一人暮らしで必要な専有面積と計算方法とは何かを解説

現在賃貸物件を探されている方のなかには、部屋の専有面積について重視している方も多いと思います。
その部屋を借りている住人だけが使えるスペースとされている専有面積は、広いほど使い道が広がるうえに物もたくさん置けます。
今回は専有面積とは具体的に何かと計算方法、一人暮らしで必要なのはどれくらいかを解説していきます。
是非参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の専有面積とは何かを解説

まず専有面積について解説していきます。

居住者のみに許されたスペース

このスペースは居住者のみが使用可能な場所です。
リビングはもちろん、寝室として使う部屋水回りもこれに含まれています。

含まれないスペースについて

ベランダは災害や万一の際の避難経路として確保された共用部分のため含まれません。
また、ロフトについても天井高が1.4m以下のものであれば含まれずに+ロフトという表記になります。

賃貸物件における専有面積の計算方法とは

次に、計算方法について解説していきます。

壁芯面積について

壁の厚みを軸とし、ちょうど真ん中を芯としてそれぞれを結ぶ計算方法です。
対象の部屋を平面として上から見たときにわかる面積を示しています。
分譲マンションなどで多く取り扱われる表記で、まだ完成していない時点で広告を出すタイミングの関係でこの表記が使われています。

内法面積について

内法面積は壁の内側の面積のみを示したもので、実際に使えるスペースとイコールになります。
賃貸物件では先ほど触れた壁芯面積と内法面積が混同されて表記されている場合が多いので、正確な数値を知りたい場合は不動産会社に問い合わせてください。

賃貸物件で一人暮らしをする際に必要な専有面積はどれくらいか

次に一人暮らしをした際に必要になる広さはどれくらいかを解説していきます。

ワンルームや1Kの場合

ワンルームや1Kの場合は15~20平米と言われています。
とくに家賃を節約したい方はほとんどがこの広さの物件に住むと思います。

1DK以上について

1DK以上の間取りについては平均して25~30平米ほどあります。
キッチンも独立したスペースがあり家事をする場所と寝る場所を分けられるので、生活のリズムをきっちり確立したい方にとってはメリットと言えます。

まとめ

賃貸物件で必要な専有面積は、人それぞれ生活パターンなどで変化してきます。
広告に掲載されている面積の表記がどちらの計算方法なのかを知ることで、より暮らし始めたときのイメージがつきやすくなります。
より細かく知りたい方は不動産会社に確認しておきましょう。
私たち和光地所 株式会社 本店は、東灘区の物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに沿った「最適・最善」なご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件での生ゴミの保管方法とは?放置した際の影響や保管場所を解説!   記事一覧   ペット共生型賃貸物件とは?ペット可物件との相違点も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    和光地所 株式会社 本店
    • 〒658-0072
    • 兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目3-31
      サン岡本ビル1階
    • TEL/078-803-8787
    • FAX/078-803-8788
    • 兵庫県知事 (1) 第012045号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る