東灘区の不動産|和光地所株式会社 > 和光地所 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の電子契約におけるメリットとデメリットとは何かを解説

賃貸物件の電子契約におけるメリットとデメリットとは何かを解説

≪ 前へ|賃貸物件の壁の原状回復とは?画鋲跡やタバコの汚れはどうなるのか解説!   記事一覧   手取り30万円の適正家賃は?一人暮らし・二人暮らしの家賃の目安を解説!|次へ ≫

賃貸物件の電子契約におけるメリットとデメリットとは何かを解説

賃貸物件の電子契約におけるメリットとデメリットとは何かを解説

現在賃貸物件を探している方のなかには、契約時に不動産会社まで出向いて書類を書いたり公的な手続きをしている方も多いと思います。
近年、インターネットの普及に伴い契約がもっと便利にできるようになる電子契約というシステムが導入され始めました。
今回はこの電子契約とはどのようなものなのか、メリットやデメリットはどのような部分にあるのかを解説していきます。
是非参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における電子契約とはどういったものなのかを解説

賃貸物件の電子契約とは、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを使用し、オンライン上で契約を締結する方法です。
直接不動産会社に出向き、書類の署名・押印をする労力が大幅に削減されます。
賃貸借契約における重要事項説明をする場合、対面である必要がありましたが、2017年10月にIT重説による規制緩和が開始されました。
規制緩和をきっかけに、2019年の10月から3か月間、国土交通省によって試験的に運用され、その後実際に導入されていったという経緯があります。

賃貸借契約を電子契約でおこなうメリットとは何か

電子契約をする場合にメリットとなるのが、契約の手間や費用が削減できる点と、日程調整がしやすくなる点です。
紙の契約書の時に必要だった、不動産に直接出向いて書類に署名・押印するなどの手間を省くことが出来ます。
さらに、契約書類を電子化しているので、印紙税などの契約手続きに関する諸費用も削減されます。
また、オンラインでの手続きが可能なため、移動時間を含めた日程調整をする必要もなくなります。

賃貸借契約を電子契約でおこなうデメリットとは何か

電子契約をする場合にデメリットとなるのが、インターネット環境が必須な点と、紙の契約に比べて全体像が把握しづらい点です。
電子契約では、重要事項の説明をオンラインによってご説明するので、インターネットの回線や、映像・音声が不安定だったり、操作などが不慣れな方の場合、環境を整える必要があります。
また、電子契約書は紙の契約書に比べて、情報を一覧しにくいと感じる方も少なくありません。

まとめ

電子契約は時間や場所にとらわれず、スムーズに契約を進められる便利なシステムです。
忙しくて時間がなかなか取れない方にとっては大きなメリットになりますが、インターネット環境が整っていなかったり、不慣れな方は難しく感じることも少なくありません。
どちらが自分に向いているかを考えたうえで、利用してみてください。
私たち和光地所 株式会社 本店は、東灘区の物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに沿った「最適・最善」なご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件の壁の原状回復とは?画鋲跡やタバコの汚れはどうなるのか解説!   記事一覧   手取り30万円の適正家賃は?一人暮らし・二人暮らしの家賃の目安を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    和光地所 株式会社 本店
    • 〒658-0072
    • 兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目3-31
      サン岡本ビル1階
    • TEL/078-803-8787
    • FAX/078-803-8788
    • 兵庫県知事 (1) 第012045号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る